当社は、人工大理石カウンター、暖房便座、プラスチック浴槽その他プラスチック部品の製造・販売をしていますTOTOのグループ会社です。

 

TOTO株式会社

 

 

 

募集要項

先輩社員紹介

人事からのメッセージ

Q&A

リンク

TOTOトイレサイト

TOTOカウンターサイト

   

TOTOの新商品や改良品(便座、便蓋、トイレのタンクなど樹脂部品)の設計図を元に、実際に工場で量産できる状態まで持っていく生産設計が現在の仕事です。
私は新商品に携わっているチームに入っています。商品創りは金型を創るところから始まりますが、設計図から金型で成形できる形状かを検討し、金型の製作、製品試作、その後の生産支援まで、一連の流れを他部署や業者と関わりながら進めています。

日常で使用している何かに携われる仕事がしたいと思っていました。水回りや車などが思い浮かびましたが、水回りは絶対誰でも使っているし、知り合いとかにも「これ、自分が携わっているんだよ」って話せたらかっこいいなぁと思って。
あと、これからのモノ創り業界においてプラスチックが主流になると言われていたので、樹脂成形に深い技術がある会社というところにも惹かれました。
インターンシップに参加したときも、社員の方がおもしろかったんです。冗談ばっかり言ってて。(笑)

実力的にはまだまだ半人前で、周りの人たちには敵わないなぁと思います。
今の部署の中にも目標とする人がいますが、TOTOグループにおける樹脂について語らせたら右に出るものがいないくらい知識や経験が幅広く深い人なんです。
自分もその人みたいに知識を身につけ経験を積み、将来的には自分で新商品の立ち上げや“提案”ができる人になりたいです。その結果、不具合もなく生産もしやすい商品ができればいいなと。
製造の方にも優しく、お客様に感動を与える商品を創っていきたいです!

自分はとにかく行動をしました。
企業研究をし、気になる会社にはエントリーシートを提出しまくりました。会社説明会にもたくさん参加しましたよ。
会社説明会やインターンシップでは職場の雰囲気や人柄をよく見ていました。
あまり自分をつくらずに素のままで説明会や選考に進んだら良い会社と出会えるのではないでしょうか。